住宅

蛇口修理や交換で知っておきたい水回りの点検

色々な修理テクニック

一軒家

蛇口の水漏れは、水回りのトラブルの中でも代表的なもので、長い期間使っていれば、どの家庭の蛇口でも起こり得ることです。しかも水道には常に水圧がかかっているため、蛇口修理、または蛇口本体の交換をしない限り水が漏れ続けるという厄介なものでもあります。蛇口修理では、老朽化した部品や、漏水防止のために取り付けてあるパッキンを取り替えるという作業を行います。水漏れの原因を特定して、交換に必要な部品や各種パッキンなどを用意し、水道の元栓を閉めて作業にあたります。

自分で行えば費用を安く抑えることができますが、水回りの専門業者に依頼すれば短時間で作業が完了し、確実に水漏れを止めることができます。蛇口には、従来のハンドル式のものから、最近の住宅でよく見かけるレバー式のものまで、いろいろな種類やメーカーのものがあり、蛇口修理の方法もそれぞれ違います。とくに最近のレバー式のものはメーカーによって部品が違うため、その交換部品の調達にしても、水回りの専門業者に依頼するのが一番確実で早いと言えます。また最近のレバー式に関しては、各メーカーが10年でその商品の製造を打ち切る場合が多いため、10年過ぎたものについては、修理用の部品がなく、蛇口本体を交換しなければならないケースもあります。水回りの専門業者に依頼すると、蛇口修理と本体交換の費用がそれほど変わらない場合も多いため、10年前に設置したレバー式の故障については、本体交換も考えておいたほうがいいと言えるでしょう。